その1 | その2 | new その3



藤本の辛口コラム

 
アンプの価格破壊!?
 
 
N-modeから凄いアンプが出た。
ボリューム付きディジタルパワーアンプX-PW1mk2がそれだ。
定価84,000円(税別)と低価格ながら位相ズレが少ない為、音楽を音楽として楽しめる。
つまり音を気にせず音楽に浸れるアンプなのだ。
 
ディジタルパワーアンプX-PW1mk2
 
世に高級と言われるアンプは多数存在するが、多くのアンプが音のバランスが気になって音楽を楽しめないのは何故だろうか?
計測データや強力な電源を自慢していても、耳にはその様には聞こえず音が気になって音楽を聴けないのでは本末転倒である。
これらのアンプの問題点は、周波数特性や歪みより耳(脳)に敏感な位相特性(電気的な時間のズレ)なのだ。
 
貴方が音を作って遊んでいるオーディオマニアではなく、音楽で心の糧を得たい音楽ファンであるならば、どんな鳴らしにくいスピーカーにでもX-PW1mk2を接続して聴いてみて頂きたい。
私が何を言っているのか?が即座にお解り頂ける筈だ。
「低音がとか高音がとかボーカルがとか

感じたら、貴方は救いようのないオーディオマニアです」
 
安く小さな筐体であるから電源や部品には制約を受けており、オーディオ的な凄い音はしない。
しかし、心が安らぐ気持ちの良い音だと感じたれたなら貴方はオーディオマニアではなく音楽ファンなのである。
 
このアンプ 手を加えないノーマルでも納得される方は多いと思うが、実は位相管理しなければならない部品が数点あり、揃えてやるとより生き生きと音楽を奏でる様になる。
更に1bitアンプの要であるクロックを弊社自慢のDTシリーズに入れ替えれば、
表現力が格段に上がるのだ。


アンプの価格破壊!?
 
 
それでは、ここはどうしても譲れないという所に手を入れたチューニング機を紹介させて頂く。
先ずはフィルター回路他の位相合わせだが、単純な作りだけに6か所で済む。
 
フィルター回路を合わせないと2台でバイアンプをと言う時に音像がまともに出ないから、音は良くなった部分が有るけど音楽がバラバラで楽しめないという現象が出るので要注意だ!
「この現象はマルチマイクでミキシングしてないソースを聴けば誰でも解る」
 
次に音楽信号が通るカップリングコンデンサーだが、コストの制約で音質的に?な物が使われている。
音質の良いフイルムコンデンサーに入れ替えるのが常套手段だが、ここは音質の良い積層フイルムに入れ替えた。
巻いてなければコイルの成分が無く、方向管理も必要ないという訳だ。
 
アンプの価格破壊 画像  
さて、これで位相ズレが無くなりローエンドも伸びる様にはなったが、やはり分解能や解像度には不満が残る
心臓部のクロックをDTDに入れ替えた途端、これはハイエンド機?という音質に激変した。
ただ、残念な事にスペースが無い為、クロック専用超ローノイズ電源LN-PSU12を入れる場所が無い。
かと言って、クロックのみ外部電源とするのも能が無いので、一番影響が少ないであろう回路から電源を供給した。
 
アンプの価格破壊 画像
 

 
さてここまでやって141,000円(税別)だからノーマル84,000円+57,000円という事になり、弊社でお買い上げ頂いたノーマルは差額の57,000円+送料でお受けしているから、先ずノーマルをジックリ聴いてから、チューニングの差を楽しまれるのも一興ではなかろうか?
141,000円でハイエンドの音!面白いですね!
 
 
アンプの価格破壊!?その3
 
リリックより連絡が入った
X-PW1-MK2が売り切れて次の生産は11月との事だ。
 
私がコラムに書いたからか?予想外に売れているらしい。
ALTECやJBLの鳴らし難い高能率スピーカーでも、ビンテージの管球そこのけで鳴らすアンプはそうは無いから売れるのは当たり前だが、2か月以上も商売にならないのは困ったものだ。
 
さて、ノーマル2台をバイアンプで使われている熊本のお客様よりオーダーを戴いた
チューニング機第2弾を紹介させて頂く。
本体に入り切らないためクロック用ローノイズ電源SC処理ファインメットトランス外部電源としたモデル X-PW1-mk2-DTU-EXPだ。
 
アンプの価格破壊!?その3の画像2  
N-modeにはファインメットトランスを使ったモデルは無いから
外観は別として、この時点で孤高の1bitアンプと言えるだろう。
 
ついでにクロックをDTUとしたのでかなり高額なチューニングとなったが
音を聴かれればノーマルからの追加費用476,000円(税別)は決して高いとは感じられないだろう。
 
アンプの
 
振動元のトランスが無いのだからS/Nが上がるのは当然だが、
ファインメットへSC処理という最強の組み合わせはやはり凄い!
 
今迄聴こえなかった音が無数にあり、暗騒音が気持ち悪いほど聴こえる。
位置関係や実物大の輪郭が明確で、体を動かしても発生源の位置が全く変わらない。
これが理論的に位相ズレが発生しない、ディジタルアンプの最大のメリットだと実感させてくれるのだ。
 
では、これで終わりなのか?だが、究極は本体のシャーシ入替とフイルムコンデンサーによる巨大電源となる。
「真のハイエンドアンプとはどんなものか?」
完成にはかなりの時間が掛かるので暫くお待ち戴きたい。
 
 
●つづく●


 

バックナンバー

JBL43シリーズのチューニング 17年8月8日〜 9月6日
ヨーロッパ系スタジオモニター 17年5月1日〜
誘導雑音 16年8月12日〜
ハードディスクプレーヤーの音質改善 16年1月20日〜 1月29日
古くて新しいスピーカー 15年6月25日〜 10月26日
SC(SuperCryo)処理について 15年2月13日〜 4月20日
低価格なハイエンドアンプ登場! 15年1月8日〜 1月29日
お客様の装置が完成するまで 131010日〜
正に原点復帰!! 1286日〜
時代に逆行!? 11714日〜
CD再生元年! 1116
アモルファスの凄さ! 10816日〜921
ルビジュームやセシウムは本当に音が良いのか? 10618日〜7月14日
UMCの実力 10115日〜
原点復帰!? 09年518日〜
公開クリニック 09年4月27日
画期的な接点改良材登場! 09年2月17日〜2月27日
銀線について 08年3月14日〜08年7月14日
リファレンススピーカー 07年6月29日〜08年3月11日
CDについての考案 07年12月19日〜08年1月7日
何故オーディオ会社が健康器具を取扱うのか 07年9月14日〜10月9日
CDで十分 06年12月7日〜07年1月5日
使いこなし 06年9月28日〜
ハイエンドスピーカーの新時代到来 05年10月13日〜06年2月9日
物真似 04年5月3日〜05年5月16日
出張クリニック 千葉県松田様の例 04年11月11日〜05年1月27日
パワーアンプの改造 04年9月6日〜10月28日
退職金 04年10月29日〜
i-LINKについて 04年2月6日〜2月9日
マイナスイオンについて 04年01月23日
ジッターの問題について 03年11月11日〜11月17日
電源の重要性 03年04月24日〜06月10日
寿命について 03年03月10日〜04月03日
気の長い話 02年11月08日〜03年2月10日
「音の出口」スピーカーは信用できるのか? 02年06月25日〜08月23日
本物とは 02年05月20日〜05月24日
A.S.Cとは 02年02月13日〜03月11日
ビンテージスピーカーとは 02年02月05日〜02月08日
5000本突破! 01年12月17日〜02年01月22日
「怪物登場」1〜6 01年10月30日〜11月19日

 

 

B A C K


 

den@soundden.com:mail
TEL:082-233-7777 FAX:082-234-2520

Sound Den

D-Clock/NORMAL NeutronStar NeutronStar UMC Ver1.2