成長するアンプ第3弾

ご好評戴いておりましたZAPシリーズからNCD-OPまでの販売終了に伴い、DEXAの新型ディジタルアンプモジュールNCDXとアルミシャーシーを採用しました。

パワーアンプ仕様では、NCDXモジュールを4チャンネルまで放熱器無しで組み込めます。
当初は2チャンネルステレオ、後に4チャンネルバイアンプ仕様へ買い替える事無くグレードアップが可能!
海外のハイエンドアンプに見られる、トランスから+−電源を分離した外部電源方式怒級モノラルパワーにまで対応出来ます。
鳴らし難いスピーカーも、アナログアンプでは避けられない「低音の遅れ」が無く、入力信号のままにドライブします。
「出力200W/8Ω 400W/4Ω」

プリアンプ仕様では、光コントロール高音質ボリュームOPC271を載せただけでは滑稽にも見える空いたスペースに、大容量のフイルムコンデンサーを搭載する事で、ケミカルコンデンサーレスの最高音質パッシブプリへと高める事も可能!
また、DEXAのGOLDシリーズラインアンプを2台搭載する事で、バランス入出力プリアンプにも変化します。

プリメインアンプ仕様では、NCDXパワーへOPC271無接点光ボリュームを搭載する事で、どんなスピーカーも楽々鳴らせるインテグレートアンプとなり、OPC271へNS-PSU-D(ローノイズ電源)を追加する事で更に高音質化が可能。

スピーカーの買い換えなどで計画変更したい時でも、買い替える事無く内容を自由に変更出来る合理的なアンプです。

最新NCDXモジュールを搭載したDENTECアンプの音質

最新スピーカーは勿論の事、今までは管球アンプでなければ鳴らなかったTANNOY AUTOGRAPH JBL PARAGON ALTEC A5などのビンテージスピーカーも、恰も上質な直熱3極管シングルアンプ!?と錯覚する程のクオリティーで鳴らしきります。
また、如何に優秀なアンプと言えども、アナログアンプに発生する帯域による時間的なズレがありません。
この事は、一聴で低音が違う「低音が遅れない」と理解して頂けます。

「ビンテージスピーカーを鳴らすなら当時のアンプで」これはビンテージ専門店の常套文句です。
しかし、サウンドデンはそうは考えません。
何故なら、音質は兎も角正常に動作している物が非常に少ないからです。
当時の部品(特にコンデンサー)はかなり劣化しており、それが原因で貴重なビンテージ管を壊してしまう事も多々あります。
DENTECアンプの音は、それらの名器さえも超越している事を実感して戴けるでしょう。

DENTECアンプは信号経路に接点が殆どありません
何とパワーアンプではゼロ!プリメインでさえも入力切替の一箇所のみという少なさです。
この事は、音質も含め長期安定動作をお約束致します。

DENTECの拘り!
弊社自慢のSC処理銀線を信号経路に惜しみなく使っています。
銀という素材には賛否両論ありますが、機器内部を含め入力から出力までトータルで使ってこそ、その素材の音質を評価できるのではないでしょうか?
DENTECアンプなら、一般的な銀の評価とは正反対の「実に柔らかく伸びやかな音」を実感して頂けます。

貴方の大型スピーカーの実力はそんなものではありません!
DENTECアンプが名演奏を朗々と鳴らした途端、今まで格闘した貴重な時間を返してくれ!
貴方はそう叫びたくなる筈です。

試聴ご希望の方は、遠方に関わらずどうぞご遠慮なくお申し付け下さい。
誠心誠意対処させて頂きます。

株式会社サウンドデン 
代表取締役 藤本光男

↓↓↓各製品名をクリックすると詳細ページへ飛びます。
プリメインアンプ DENTEC NCD-OPシリーズ パワーアンプ DENTEC PP-NCDシリーズ
スーパーオーディオグレード 光コントロール無接点ボリューム「TVC-OP」 パッシブプリアンプ DENTEC AP-OPシリーズ



DENTEC製品 | H O M E

den@soundden.com:mail
TEL:082-233-7777 FAX:082-234-2520

Sound Den