DENTEC Ultimate Master Clock

 
聴き馴染んだCDからこれほど素晴らしい音楽を再生出来るということは、CDというフォーマットが悪かった(アナログより音楽を記録する器が小さく劣る)訳ではなく、CDプレーヤーのコアとなる技術「マスタークロック」がまったく未完成のまま20年以上も経過していたという事なのです。


DENTEC Ultimate Master Clock 3年間保証
¥295,000.- + 取付費用

生産終了となりました。現行製品は『こちら』をご覧下さい。


周波数(MHZ)8.4672・11.2896・12.0000・12.2880
16.9344・18.4320・22.5792・24.5760・27.0000
33.8688・45.1584

RF出力電圧:3.3V及び5V(受注時指定)

受注生産に付き、エージングを含め最大50日の納期が掛かる事があります。注文時にご確認ください。
クロック専用電源にはDEXA NS-PSU/DENTECをお薦めします。

DENTEC Ultimate Master Clock 取付例


感じて頂きたいのはマスターの音…

世間に先駆けてマスタークロックの大切さを訴求し、推進して来たサウンドデンが遂に「最終兵器」とも言えるマスタークロックを完成させました!
その名はUMC。

わずか12cmのCDの向こうにスタジオのマスターテープの音が聞こえます!

サウンドデンがマスタークロックの研究に着手したのが1999年。それまでマスタークロックは「聖域」とも言える扱いを受け、ここで発振される信号は「神聖にして侵すべからず」というような風潮があった。
しかしオーディオのすべてにメスを入れて来たサウンドデンとしては、この「聖域」を見逃すことは出来ませんでした。
そして業界初の「外部マスタークロック」そして「マスタークロック交換」を日本のオーディオ界に定着・浸透させてきたのです。

それから10年。
製造元である、デンマークのLC-Audio社 イギリスのAudioCOM社からは年を追う毎にジッター精度を高めたクロックが発表され、サウンドデンはその都度音楽ファンの皆様にご紹介してまいりました。
その数は10機種に及びます。

そして2009年6月。
マスタークロックを知り尽くしたDENTECが、満を持してハイエンドマニアの皆様に発表させていただく最高峰・・・そして究極と呼ぶにふさわしいマスタークロックがUMCです。

UMCは、既に世界最高のマスタークロックと定評のあるDEXA社の最新型NeutronStarをベースにしており、その構成パーツ1つ1つ基板のパターンからリード線、果ては半田までも再検討を行ないました。
1年に及ぶ試聴と見直しの繰り返しの末、遂に完成したのがUMCなのです。

UMCは決して力まず、決して自己主張しません。
まるで人間の生命を司る陰の立役者=心臓のように、極めて控え目にジッター(時間情報の揺れ)が極端に少ない正確なクロックを発振し続けます。
そのサウンドはまさに究極と呼ぶにふさわしく、CDなのに超高級アナログオーディオを聞いているかのような感動が得られます。
試しに往年の名演奏をお聞き下さい!まず、ヒスノイズの音質に驚嘆されることでしょう。
絶賛されているNeutronSterでさえも、ホーン型高能率スピーカーではマスターテープのヒスノイズが「シャー」と耳に突き刺さります。
ところがUMCで同じソフトを再生するとヒスノイズは実に耳に優しく、本当に自然でソフトなものに変化します。
それは恰も微風のように自然であり、ノイズであるにもかかわらず気になりません。

そして私、藤本が仰天したのがアナログテープに起因するプリエコーとアフターエコーが驚くほど鮮明に聞こえることでした。
これらはオープンリールのマスターテープで磁気記録信号が隣接した部分に転写され、実際の信号の前または後に聞こえる現象です。
これまでと同じ音量なのに、今まで気にもしなかったこれらが耳につくようになったのは実に驚くべきことです。
同時にSN比が信じられないくらい向上し、まるでそれまで室内で動作していた換気扇やエアコンのスイッチを切ったかのよう!

そしてDENTECが行なった最大の改良点は、このマスタークロック基板を最上級の銅板により手作業で加工したケースに封入し、機器内部のあらゆる高周波ノイズから遮断することでした。
厚さ1mmのケースに貫通コンデンサーを取り付け、すべての電源ノイズをシャットアウトしているばかりか、元々NeutronStarに内蔵されている機能「ヒーターの制御により発振回路の温度を一定に保つ」を生かしています。
基板全体の温度は室温25度において42度に保たれ、クロックの温度変化による発振周波数精度は正に極限まで高められています。

UMCは基板の完成後600時間のエージングを行った上で銅ケースへ組込み、更にケースのネジを半田付けしたブラックボックスとなっていますが、これこそがDENTECの100.000%の自信の現れと言えるものです。

どうぞ、貴方のCDプレーヤーでこのUMCクロックをお聴きになってください!
経験の少ない方には違い過ぎて理解出来ないほど自然な音質であり、電気で音楽を再生するのがどれだけ大変な事か?を理解されている貴方にとってそれは正にショックの連続となります。
オーディオ的な強調感は皆無ですが、恐ろしく自然体で、正にアナログが!演奏家の意図した「音楽として」聴こえてきます。

CDが開発されて20数年、誰もが失われた時間を返せと叫びたくなる!
それがUMC搭載CDプレーヤーの音質なのです。


株式会社サウンドデン 
代表取締役 藤本光男

Ultimate Master Clockを使われたお客様の声はこちら!