スピーカー 修理 エッジ交換


セーム革エッジ張替の詳細(お急ぎの方)

スピーカー張替の優先順位


使用環境によっては、たった3年足らずで劣化してしまうウレタンエッジ。
JBLのスタジオモニター4343の38cmウーハー2231Aを例にとり、傷んだウレタンエッジの修理方法をご紹介します。

6つの選択肢
※価格は2本/税抜です。
1.メーカーで修理する
 …¥82,000.-
(税抜)
弊社が革エッジによるサービスを開始するまでは、この方法しかありませんでした。
●メリット>>>
・元と全く同じ材質なので安心。
・数ヶ月の保障がある。
・手放す時に価格が下がらない。
●デメリット>>>
・傷んでいないコーン紙やボイスコイルまで交換するので、割高であり エージングに時間が掛かる。
・修理直後から劣化が始まり、3年〜10年で再修理が必要。
・メーカーによっては修理できない物が多い。

2.専門業者により、ウレタンエッジで修理する
 …\26,000.-
(税抜)〜 \38,000.-(税抜)
弊社のサービス開始数年後、専門誌やWEBで見受けられる様になる。
●メリット>>>
・傷んでいるエッジのみを修理するので1よりかなり割安である。
・どのメーカーでも修理できる。
・数ヶ月の保障がある。
●デメリット>>>
・元と全く同じ材質とは限らない。
・メーカー修理同様、直後から劣化が始まり、3年〜10年で再修理が必要。
・手放す時に価格が下がる可能性がある 。

3.専門業者により、劣化しないと言われる化学素材で修理する
 …\46,000.-
(税抜)
弊社のサービス開始数年後、専門誌やWEBで見受けられる様になる。
●メリット>>>
・傷んでいるエッジのみを修理するので1よりかなり割安である
・どのメーカーでも修理できる
・経年変化が殆ど無いと宣伝している
・長期保障が得られる
●デメリット>>>
・音質に疑問が残る。
・手放す時に価格が下がる可能性が大きい。

4.自分で修理する(ウレタンエッジ)
 …\6,600.-
(税抜)〜 \8,000.-(税抜)
弊社のサービス開始数年後、専門誌やWEBで見受けられる様になる。
●メリット>>>
・一番安価である。
●デメリット>>>
・仕上がりは全て自己責任となり、失敗する事も多い。
・保障なし。
・元と全く同じ材質とは限らない。
・1、2同様、直後から劣化が始まり、3年〜10年で再修理が必要。
・手放す時に価格が下がる可能性が大きい。

5.自分で修理する(革エッジ)
 …\16,000.-
(税抜)
弊社のサービス開始と同時期に江川先生が考案される。
●メリット>>>
・1、2より割安である。
・天然素材なので1、2、3より音質が良くなる。
・どのメーカーでも修理できる。
・耐久性が実証されている。
●デメリット>>>
・仕上がりは全て自己責任となり、失敗する事も多い
・保障なし
・手放す時に価格が下がる可能性がある


6.弊社でエッジ専用セーム革で修理する
 …\49,905.-
(税抜)
10年以上の実績があります。
●メリット>>>
・1より割安である。
・天然素材なので1、2、3、4より音質が良くなる。
・どのメーカーでも修理できる。
・半永久的な耐久性が実証されている。
 
 「NHKの革エッジモニタースピーカーは40年以上経った現在でも
  問題は発生せず良好な音質が継続しています。」

 対してP-610の民生用は箱入り新品の状態でもウレタンエッジは
 ボロボロ
で張替が必要!
 http://www.soundden.com/diatone-610a/index.html
・熟練者による手作業なので安心。
・3年間の長期保障が得られる。
・音質が良くなるので、手放す時に価格が上がる事が多い。
・同時に再着磁を行うと割引きとなる。
●デメリット>>>
・天然素材のため、1以外の他社より多少高価である。

↓
弊社が自信を持ってお薦めするセーム革エッジ張替えの詳細はこちら!
 

■こちらもお読み下さい。

>>>セーム革エッジ張替

>>> セーム革エッジ張替『よくある質問Q&A

>>> 張替後の音質については『こちら』をご覧下さい。

>>> セーム革エッジ張替をされた『お客様の声』(左コンテンツの[セーム革エッジ張替]をご覧下さい)

>>>スピーカーを買い替えるのは止めましょう!

>>> スピーカーエッジ張替の辛口コラム「5000本突破」はこちら

>>> 未使用でも10年に5%以上磁力が減少するのをご存知ですか?『マグネットの再着磁
  セーム革エッジ張替と再着磁を同時にお申し込み頂いた場合、再着磁を20%OFFさせて頂きます。

>>>スピーカーチューニング例
スピーカーチューニング例

>>>FM(ファインメット)フィルターの取付
「FM(ファインメット)フィルターの取付」

 



B A C K | H O M E


den@soundden.com:mail
TEL:082-233-7777 FAX:082-234-2520

Sound Den